バレエ、フィギュアスケート、アート、日常のことなど blah, blah, blah...          
2017/09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017/11

プロフィール

プリマローズ

Author:プリマローズ
好き:バレエ、フィギュアスケート、ミュージカル、アートetc...
嫌い:OL LIFE


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


QLOOKアクセス解析


★お買い物★


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


ブログ内検索


FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --】 | スポンサー広告 | ↑PageTop

バーミンガム・ロイヤルの鑑賞
昨日はバーミンガム・ロイヤル・バレエを鑑賞。以下、簡単に感想。

『ダフニスとクロエ』
いかにもラヴェルって感じの音楽。ギリシャ神話を題材にしたストーリーなのに衣装は現代風。見る前に詳しくストーリーをつかんでいかなかったので、なんだかよくわから~~んで終わってしまった。。でも嫌いじゃない、この作品。『牧神の午後』に似た幻想的な音楽でジワジワと引きつける。もっとじっくり見てみたいけどDVDなんて出てないよね、きっと。

『真夏の夜の夢』
『真夏の夜の夢』を見るのは数年前の東京バレエ団の公演以来。その時よりも前のほうの席で見られたのでストーリーもよくつかめて楽しかった。都さんは本当に妖精のごとく軽やかでポアントの音をコツコツ響かせない。ロバになったボトムの背中に乗っかるところはとっても可愛らしい♪
ダフニスの60分はちょっと長く感じたのに、真夏の55分はあっという間でとても短く感じた。都さんの踊り、もっと見ていたかったな~。

中止になっても不思議じゃない状況の中、今回来日してくれたバーミンガムの皆さんには感謝。またいつか来てね~~




テーマ:バレエ - ジャンル:学問・文化・芸術

【2011/05/30 Mon】 | バレエ鑑賞 | トラックバック(0) | コメント(0) | ↑PageTop

<< よくお似合い | HOME | ボルトくん、こんにちは、さようなら >>
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
↑PageTop
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://doremi39.blog121.fc2.com/tb.php/589-ec3f19ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| HOME |

Template by 誤爆ねーさん雑記帳.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。