バレエ、フィギュアスケート、アート、日常のことなど blah, blah, blah...          
2017/09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017/11

プロフィール

プリマローズ

Author:プリマローズ
好き:バレエ、フィギュアスケート、ミュージカル、アートetc...
嫌い:OL LIFE


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


QLOOKアクセス解析


★お買い物★


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


ブログ内検索


FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --】 | スポンサー広告 | ↑PageTop

ロイヤル 『ロミオとジュリエット』(6/27・28)
あまり調子が良くないのでロイヤルの『ロミオとジュリエット』のことは簡単に。
最近舞台やスケートを観に行ったりするとすごく疲れてしまい、それと同時にものすごく普段の生活の空しさを感じる。。働いて収入があるからこそ観に行けることなんだけど・・・

ロミジュリは27日だけのはずだったのに、28日も急遽当日券で観に行った。当日券のほうがいい席余ってて、28日は1階10列目だったので表情もよく見えて前日とはまた違った意味で感動。

マクミラン版ロミジュリの本家本元、ロイヤルの公演は本当に素晴らしかった。プロコフィエフの音楽もバレエ音楽の最高傑作と言われるほどなので、とても美しくストーリーや主人公の気持ちを上手く表しているし、1幕の舞踏会のシーン、幕が上がりライトがついて、ズラッと並んでいる出演者を見た時はその美しさと豪華さにウルウルきてしまった

≪6/27≫
ジュリエット: マリアネラ・ヌニェス
ロミオ: ティアゴ・ソアレス

ソアレスはどっちかというと見た目はロミオよりもティボルトのほうが似合いそうで(パンフレットにもティボルト役の写真が載ってるが)、最初はちょっと違和感はあったけど、マリアネラとは私生活でもパートナーだけあってバルコニーシーンのPDDはとても息が合っていた。
今までロミジュリは舞踏会やバルコニーシーンのある、明るい幸せを感じられる1幕が一番好きだったはずなのに、3幕のジュリエットの抵抗、迷い、悲しみを全身で表現しているマリアネラの演技に引きつけられた。ジュリエットはやはり3幕の演技が問われるわね。


≪6/28≫
ジュリエット: リヤーン・ベンジャミン
ロミオ:  エドワード・ワトソン

ベンジャミンのことはよく知らなかったけれど、都さんと同じくらいにベテランのダンサーだったのね。1幕は元気いっぱいなジュリエットという感じで動きで若さを表現。技術もしっかりしているし、さすがベテラン。
この日はワトソンに惚れちゃった(笑)落ち着いたロミオでありながらも、客席に向かってふんわり微笑んで「愛しのジュリエット」という気持ちを表したのを観た時はその微笑みにヤラれました(笑)
演技も細やかでティボルトを刺してしまった後の肩を震わせながらの苦悩の演技、とても素敵だったわ~。
前日のソアレスは脚を前にアティチュードしながら回る動きがどうもあまり綺麗ではなかったけれど、ワトソンは綺麗で脚が長く美しいスタイルなので惚れ惚れいたしました。

今週土曜日、西宮でのスティーブンとロベルタのロミジュリもチケットはほぼ完売のようで。余ってたらはるばる観に行きたいくらいよ~。

テーマ:バレエ - ジャンル:学問・文化・芸術

【2010/06/30 Wed】 | バレエ鑑賞 | トラックバック(0) | コメント(0) | ↑PageTop

<< Daisuke in Yu-Pack | HOME | The Royal Ballet Portraits >>
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
↑PageTop
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://doremi39.blog121.fc2.com/tb.php/556-b7597e65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| HOME |

Template by 誤爆ねーさん雑記帳.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。