バレエ、フィギュアスケート、アート、日常のことなど blah, blah, blah...          
2017/04 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017/06

プロフィール

プリマローズ

Author:プリマローズ
好き:バレエ、フィギュアスケート、ミュージカル、アートetc...
嫌い:OL LIFE


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


QLOOKアクセス解析


★お買い物★


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


ブログ内検索


FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --】 | スポンサー広告 | ↑PageTop

ボルゲーゼの放蕩息子
今日は上野の東京都美術館へお出かけ。明日で終わってしまう『ボルゲーゼ美術館展』を見に行った。花見客で上野の改札を出るまで長蛇の列。美術館へ行くまでの道のりも人だらけ。美術館に入っても明日で終わるからかたくさん人がいて見づらくて、あんまりちゃんと見た気がしなかったやっぱり会期が終わる間近には行くもんじゃないわね。。もっと早くに行っとけば良かった。

ラファエロよりもカラヴァッジョよりも印象に残ったのは

アントニオ・パルマ作 『放蕩息子』 (1560~70年頃)
http://www.italica.rai.it/index.php?categoria=arte&scheda=ariccia_palma

放蕩息子といえば思い出すのはバランシンのバレエ。この絵でもバレエのラストと同じように父親にすがりつく姿が描かれている。 

東京都美術館はこれから2年間改修工事に入る。最近は国立西洋美術館もリニューアルになったし、段々古くなって改装する美術館が多いわね~。

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2010/04/03 Sat】 | アート | トラックバック(0) | コメント(0) | ↑PageTop

<< ~☆ パレード ☆~ | HOME | 先生求む >>
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
↑PageTop
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://doremi39.blog121.fc2.com/tb.php/529-ee344af7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| HOME |

Template by 誤爆ねーさん雑記帳.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。