バレエ、フィギュアスケート、アート、日常のことなど blah, blah, blah...          
2017/09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017/11

プロフィール

プリマローズ

Author:プリマローズ
好き:バレエ、フィギュアスケート、ミュージカル、アートetc...
嫌い:OL LIFE


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


QLOOKアクセス解析


★お買い物★


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


ブログ内検索


FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --】 | スポンサー広告 | ↑PageTop

『パリ・オペラ座のすべて』
年末は札幌の映画館で『パリ・オペラ座のすべて』を母と一緒に鑑賞。
http://www.paris-opera.jp/
空いててお客さんは20人もいなかった感じ。東京の映画館だと混んでて見に行くのにとても気合が必要なんだけど、さすが地方は空いてますわ。派手な娯楽映画ではないマイナーな映画だと地方ではお客さんが集まりにくいのでしょうね。

『アメリカン・バレエ・シアターの世界』と同じワイズマン監督なので、淡々と、ひたすら淡々と進んでいく映画。ナレーションもなければインタビューもない。
映像はリハーサル風景や本番の舞台はもちろん、オペラ座の地下水路、食堂、衣装制作の人、掃除の人、痛んだ壁を塗り替えてる人、経営陣の会議や屋上で飼われている蜂の様子など。なんでここで蜂が出てくるんだろ?と思ったら、飼っている蜂の蜜をオペラ座で売ってるそうね。

ルルヴェ、パッセ、アラベスクとかカタカナのバレエ用語がいっぱい出てくるし2時間半もある映画なので、母にはよく分かんなくて寝ちゃうんじゃないかと思ったけど、終わってから「すごく良かったわ~」と言ってくれたので一安心 特に母はマッツ・エック振付の『ベルナルダの家』が面白かったようで。あの中で奇声を発している1人がルグリさんだったとは私も全く気付かず、あとでパンフレットを読んで知ったので、なんだもっとちゃんと見とけばよかったなあと。誰なのか字幕を入れてほしかったわ。また見に行っちゃおうかな~♪

テーマ:バレエ - ジャンル:学問・文化・芸術

【2010/01/07 Thu】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | ↑PageTop

<< お買い物 | HOME | 年末年始 '09~'10 >>
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
↑PageTop
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://doremi39.blog121.fc2.com/tb.php/503-fadfb79f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| HOME |

Template by 誤爆ねーさん雑記帳.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。