バレエ、フィギュアスケート、アート、日常のことなど blah, blah, blah...          
2017/10 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017/12

プロフィール

プリマローズ

Author:プリマローズ
好き:バレエ、フィギュアスケート、ミュージカル、アートetc...
嫌い:OL LIFE


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


QLOOKアクセス解析


★お買い物★


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


ブログ内検索


FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --】 | スポンサー広告 | ↑PageTop

シアターガイド 7月号
シアターガイド 2006年 07月号 [雑誌]
「シアターガイド」は今までたまに立ち読みするくらいの雑誌だったんだけど、8月に来日する『ウエスト・サイド・ストーリー』についての記事が載ってるので買ってきた。
国内の舞台についての情報や俳優、演出家へのインタビュー記事、ブロードウェイやウエストエンドの情報なども載っていて400円のわりに充実している。

『ウエスト・サイド・ストーリー』について映画と舞台の比較で面白い内容が書かれている。
『ウエスト・サイド・ストーリー』は舞台版の初演は1957年。映画版の公開は1961年。
ジェローム・ロビンス振付けと言われているけれど、実際全てがロビンスの振付けではなかったらしい。
「America」の歌では共同振付師のピーター・ジェナーロという人が担当し、ロビンスがそれを最終的にまとめたとか。
「America」は映画ではアニタ含む女性陣とベルナルド含む男性陣が一緒に歌い踊るけれど、舞台版では女性陣のみでなんとなく淋しい。ロビンスは舞台版でも男性陣を加えたかったそうだけど、ジェナーロの振付けを変更する時間の余裕がなくて、映画版のほうでその念願を果たしたらしい。これに関しては私もやっぱり女性と男性が掛け合いで一緒に踊る映画版のほうが盛り上がって好き。恐らくそう思ってる人が多いと思う。
ロビンスは『ウエスト・サイド・ストーリー』には思い入れが強く、生前「再演する際には振付けを変えないように」とお達しを出してたそうだから、変えたくても変えられないところなんだろうねぇ。でもいいでしょ?ロビンスさん、ここの部分だけは変えたって。だってあなたもそのほうが好きでしょ?

映画と舞台では歌の順番が違うものがある。大きく違うのは「Cool」と「Gee, Officer krupke」。「Cool」は映画では決闘シーンの後で歌われ、ジェット団のリーダー、リフが死んだショックで仲間がうろたえて暴れようとする時に「冷静になって落ち着けーぃ」という意味を持っている。
でも舞台では決闘に行く前に「頭冷やせ、決闘なんてやめとけ」という意味で歌われる。これに関してはあんまり違和感ないけども、舞台版で違和感たっぷりなのが決闘の後に歌われる「Gee, Officer krupke」。ジェット団のメンバーが「自分がこんなワルになったのは家庭環境のせいだよー」とクラプキ巡査をおちょくりながら歌う超明るいコメディナンバー。もともと舞台ではこの歌は2幕の決闘後の暗い重苦しい雰囲気を和ますために息抜きで作られた歌だとか。でも作詞家のスティーブン・ソンドハイムはその扱いに不満で決闘前にその歌を持っていきたかったらしい。確かにあの明るい歌は決闘の後で歌うのは不自然。これも映画版では決闘前に歌われていてソンドハイムの意向も叶えられたってことか。

来日公演のチケットまだ取ってはいないけど、やっぱり見たいよー♪
50年前の作品だから多少古めかしいところはあるだろうけど、バーンスタインの作った名曲揃いのナンバーは色褪せることはないでしょう。
B000A0K5L4ウエスト・サイド物語
ナタリー・ウッド ジェローム・ロビンス ロバート・ワイズ
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2005-07-07

by G-Tools




【2006/06/10 Sat】 | ミュージカル | トラックバック(0) | コメント(4) | ↑PageTop

<< "Boys"に軍配! | HOME | ボルヴィックでバーバパパ >>
コメント

 「ウエスト・サイド・ストーリー」ですか。めちゃくちゃ懐かしいです。実家には、サントラのレコードもありました。その後CDを買い、今私はDVDを持ってます。
 最近は見返したことはないですが、「America」や「Cool」の踊りの迫力は忘れられませんね。私はこの作品は、ミュージカルの原点だと思ってます。来日公演見られるとよいですね。

【2006/06/10 Sat】 URL | ともりーな #- [ 編集 ] ↑PageTop

>ともりーなさん
私は3年前のリバイバル上映ですごく好きになりました。それまであんまり見たいとは思わなかったんですが、見てみるとすごくいい映画でしたね。舞台も3年前に見に行ったんですが、主役二人がオペラ歌手の人だったので歌い方がミュージカルの人と違ってどうもしっくりきませんでした。
ウエストサイド以降、ミュージカルはただ明るく楽しく~ではなくなったんですよね。転機になる作品だったと思います。

【2006/06/11 Sun】 URL | プリマローズ #rtAVCW82 [ 編集 ] ↑PageTop

シアターガイドって情報量多いですよね。
本屋さんで見ると芝居やらミュージカルやら舞台ってこんなに沢山やってるんだな~とか思います。
実は私もまだ来日のチケットとっていなくて。
常に観に行くか行かないか迷ってます(笑)
迷ってるなら行けって感じですけどね。
ずっと前劇団四季の舞台をみたのですが、本場の方のも興味ありです。
(このまえRENTを観て(映画)、歌がやっぱり日本人とは違うんだな~とか思いました。)

【2006/06/11 Sun】 URL | 小知 #- [ 編集 ] ↑PageTop

>小知さん
まだチケットけっこうあまってるようなのでもし都合ができたら行ってみるといいと思いますよ~。
本場のはやっぱり圧倒されます。

【2006/06/12 Mon】 URL | プリマローズ #rtAVCW82 [ 編集 ] ↑PageTop
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
↑PageTop
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://doremi39.blog121.fc2.com/tb.php/175-d1d45429
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| HOME |

Template by 誤爆ねーさん雑記帳.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。