バレエ、フィギュアスケート、アート、日常のことなど blah, blah, blah...          
2017/06 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017/08

プロフィール

プリマローズ

Author:プリマローズ
好き:バレエ、フィギュアスケート、ミュージカル、アートetc...
嫌い:OL LIFE


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


QLOOKアクセス解析


★お買い物★


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


ブログ内検索


FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --】 | スポンサー広告 | ↑PageTop

アート満載な1日
今日は東京都美術館へ。前から見たかったプラド美術館展を見てきた。
予想通り、人、人、人~~~~。
なんでこんなに見に来るんだ~~~。(自分もその1人なんだけどさ)
私が行った時はまだすんなり入れたけど、帰る頃には入場制限をやっていてずらーっと行列ができていた。早目に行ってヨカッタわ。
混雑していると落ち着いて見られないし人込みはとても疲れる。結局さらーっと見て出てきてしまった。

エル・グレコ、ベラスケス、ティツィアーノなど有名どころも良かったけど、一番目を引いたのは上の写真のホセ・アントリーネスの『マグダラのマリアの被昇天』(1670~1675年)。全体的にピンクっぽい明るい色使いでとても美しい絵だった。天使っていつもムチムチした感じで描かれていてなんか可愛いのよね。

東京都美術館の後は国立西洋美術館へ。今は企画展はやっていないので松方コレクションを見てきた。プラドと違って人はまばら。途中、修学旅行生らしき生徒がワーワーギャギャー言いながら入ってきて「ゲーッ」って思ったけど、彼らは絵なんて興味ないからさーっと通り過ぎていったのですぐに静かになりホッ。
松方さんを見たのは何年ぶりだろう。3~4年ぶりかな。「松方さん、こんなに集めてくれてありがとう」と言いたくなるほどとても良い作品が揃っている。
数年ぶりだったので新しいコレクションも増えていて、その中でも今日一番気に入ったのがこれ。
http://www.nmwa.go.jp/jp/collection/2001-0002.html
マリー=ガブリエル・カペという女流画家の描いた『自画像(デッサンをする画家)』(1783年頃)。22才頃の自画像だそうでとってもとっても美しい~~~青いサテンのドレスに頭にはリボンを付けて絵筆を持っている姿はとっても優雅本当にこんな格好で絵を描くのか?って感じではあるが。。。自画像だから自分を美化して描いているのかもしれないけど、こんなに美しく描けるのはそれもまた1つの才能。18世紀は女流画家が進出してきた時期らしく、カペはそのうちの1人で美術アカデミーの会員になることができた人らしい。
前から好きだった『母と子』の絵に続いてまた1つお気に入りが増えました~



【2006/06/18 Sun】 | アート | トラックバック(0) | コメント(10) | ↑PageTop

<< 『プリマダム』終了 | HOME | 土曜フォーラム >>
コメント

相当混雑してましたか・・・。きょうが東京最後ぐらいでしたっけ?・・・と思ったら会期延長してたんですね。ああ、どうしよう。私も大阪最後は混雑しそうだから、平日にいつか思い切って行っちゃおうかな~。悩ましいです。
マグダラのマリア、なんともタイムリー!ですね。
西洋美術館はゆったりだったようですね。私もここはいつも平日AMに行っていたので、いつ行ってもゆったりしていて好きでした。

【2006/06/18 Sun】 URL | うるる #- [ 編集 ] ↑PageTop

>うるるさん
大阪もきっとかなり混むでしょうねぇぇぇ。できたら平日のほうがいいですよね。私も平日に行きたかった。。。マグダラのマリアってたいてい暗い色使いの絵が多いんだけど、この絵はパッと明るかったです。写真だと分かりにくいんですが、実物はもっと華やかです。
西洋美術館、やっぱり好きです~♪第2、第4土曜日は無料らしいのでまた今度行ってみたいです。

【2006/06/18 Sun】 URL | プリマローズ #rtAVCW82 [ 編集 ] ↑PageTop

プラド、30分待ちだったのであきらめました。。
GW中に行く私があほでした。
早めに行って大正解かも。
お気に入りが見つかっていい日でしたね♪

【2006/06/18 Sun】 URL | Chiyu #- [ 編集 ] ↑PageTop

>Chiyuさん
行きかけたんですね~~~。私もGWに行こうかと思いましたが、普段の土日よりも混んでるだろうからと思ってやめました。やっぱりかなり混んでたんですね。ああいうのはできるだけ早目に午前中に行ったほうがいいですねぇ。

【2006/06/19 Mon】 URL | プリマローズ #rtAVCW82 [ 編集 ] ↑PageTop

初めまして。実は僕もカペの「自画像」に強烈に惹き付けられて、カペを検索していたらここに当たりました。しかも「母と子」も好きでした。驚いてしまい、つい書き込みました。

【2007/01/06 Sat】 URL | IT #- [ 編集 ] ↑PageTop

>ITさん
ようこそいらっしゃいました。
同じ絵がお好きな方がいてうれしいです。
カペの絵はけっこう見る人を惹きつけるようですね。私が見に行った時、他のお客さんも長く立ち止まって見ていました。
西洋美術館は本当に飽きないです。下手な企画展よりもいい作品が揃っていますよね。

【2007/01/06 Sat】 URL | プリマローズ #rtAVCW82 [ 編集 ] ↑PageTop

たしかにあの自画像はすごい力を感じますね。ネット上でカペを調べてもあまり実りがないので、今度書籍を見てみようかなと思っています。このダイアリー、去年の6月のものだったので、こんなに早く返信いただけて驚きました。

【2007/01/07 Sun】 URL | IT #vF6dOJDI [ 編集 ] ↑PageTop

>ITさん
私も6月にカペについて書いてあるサイトを探してみましたが、なかなかないですよねぇ。海外のサイトもあまり詳しく書いてないし。
「Self Portrait」で検索すると「Self Portrait with Two Pupils」のほうが多く出てきますが、こちらの絵のほうがカペの代表作なのかもしれませんね。
女流画家についての本て出てないでしょうかね。そういうのなら書いてあるかも。

【2007/01/08 Mon】 URL | プリマローズ #rtAVCW82 [ 編集 ] ↑PageTop

これを調べてみましたら、作者はAd?la?de Labille-Guiard(正しい発音ができないので原文で)となっていました。カペは後ろにたたずむ弟子(pupils)のうちのひとりなのでしょうね。その後もカペを追跡中ですが、実りはありません。。ところで"Night and Day"も好きです。The Temptationsの演奏も素敵ですね。新年に帰った実家に「旅愁(September Affair)」のDVDがあり、良かった。ジョーン・フォンティーンが美しい。

【2007/01/09 Tue】 URL | IT #vF6dOJDI [ 編集 ] ↑PageTop

>ITさん
コメント気付くの遅くなりました。。。すみません。
作者は違うんですね~。カペかと思ってました(笑) 後ろに立っているほうの左側のほうでしょうか。青いサテンのリボンをしてるように見えるので。
「Night and Day」はいいですよね。コール・ポーターは大好きです。あんなにたくさんいい曲が書けるなんて天才ですよ~。
「旅愁」は見たことないのですが、ジョーン・フォンティーンはけっこう好きな女優さんです。彼女の出ているのでは「レベッカ」とか「ジェーン・エア」が好きです。

【2007/01/10 Wed】 URL | プリマローズ #rtAVCW82 [ 編集 ] ↑PageTop
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
↑PageTop
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://doremi39.blog121.fc2.com/tb.php/170-7d7baf41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| HOME |

Template by 誤爆ねーさん雑記帳.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。