バレエ、フィギュアスケート、アート、日常のことなど blah, blah, blah...          
2006/05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2006/07

プロフィール

プリマローズ

Author:プリマローズ
好き:バレエ、フィギュアスケート、ミュージカル、アートetc...
嫌い:OL LIFE


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


QLOOKアクセス解析


★お買い物★


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


ブログ内検索


FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --】 | スポンサー広告 | ↑PageTop

『プロデューサーズ』 サウンドトラック
映画を見た時はあんまり印象に残る歌はないなぁと思ったのでサントラ盤は買わないつもりだったんだけど、タワーレコードのギフト券があったので割引きになるならと思い、やっと購入。CDを聴くとわりといい感じ。映画を見た時よりも良く聴こえる。

"Springtime for Hitler"のジョン・バロウマンの美声に聞き惚れちゃうわ~

会計士たちが歌う"I Wanna be a Producer"でunhappy~ってフレーズを聴くと映画のシーンが浮かんできて可笑し~

マシュー・ブロデリックとユマ・サーマンが歌い踊る"That Face"は往年のミュージカル映画を思い起こさせてくれるナンバーでお気に入り。

終始ハイテンションで少々疲れる映画だったけど、もう一度見てみたいような。でももうやってる映画館ないのよねぇ。

プロデューサーズ
プロデューサーズサントラ

ソニーミュージックエンタテインメント 2006-03-24
売り上げランキング : 34019

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Recording the Producers: A Musical Romp with Mel Brooks プロデューサーズ ザ・プロデューサーズ The Complete London Sessions メル・ブルックスの大脱走





スポンサーサイト
【2006/06/24 Sat】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(2) | ↑PageTop

『プリマダム』終了
細かいことは書きませんが
なんじゃあの終わり方は現実に引き戻すなんて
ドラマなら最後までドラマらしくやれば良かったのにさぁ。

黒木さん、最初はポアントだったけど、後からバレエシューズになったわね。やっぱりずっとポアントは無理だと思ったんでしょう。
古田氏と加藤雅也はバレエというよりタンゴかフラメンコの人に見えてしまった。

あーそれにしても、それにしても、後味の悪い終わり方だったわ。ヒドイ



【2006/06/21 Wed】 | バレエ関連 | トラックバック(0) | コメント(10) | ↑PageTop

アート満載な1日
今日は東京都美術館へ。前から見たかったプラド美術館展を見てきた。
予想通り、人、人、人~~~~。
なんでこんなに見に来るんだ~~~。(自分もその1人なんだけどさ)
私が行った時はまだすんなり入れたけど、帰る頃には入場制限をやっていてずらーっと行列ができていた。早目に行ってヨカッタわ。
混雑していると落ち着いて見られないし人込みはとても疲れる。結局さらーっと見て出てきてしまった。

エル・グレコ、ベラスケス、ティツィアーノなど有名どころも良かったけど、一番目を引いたのは上の写真のホセ・アントリーネスの『マグダラのマリアの被昇天』(1670~1675年)。全体的にピンクっぽい明るい色使いでとても美しい絵だった。天使っていつもムチムチした感じで描かれていてなんか可愛いのよね。

東京都美術館の後は国立西洋美術館へ。今は企画展はやっていないので松方コレクションを見てきた。プラドと違って人はまばら。途中、修学旅行生らしき生徒がワーワーギャギャー言いながら入ってきて「ゲーッ」って思ったけど、彼らは絵なんて興味ないからさーっと通り過ぎていったのですぐに静かになりホッ。
松方さんを見たのは何年ぶりだろう。3~4年ぶりかな。「松方さん、こんなに集めてくれてありがとう」と言いたくなるほどとても良い作品が揃っている。
数年ぶりだったので新しいコレクションも増えていて、その中でも今日一番気に入ったのがこれ。
http://www.nmwa.go.jp/jp/collection/2001-0002.html
マリー=ガブリエル・カペという女流画家の描いた『自画像(デッサンをする画家)』(1783年頃)。22才頃の自画像だそうでとってもとっても美しい~~~青いサテンのドレスに頭にはリボンを付けて絵筆を持っている姿はとっても優雅本当にこんな格好で絵を描くのか?って感じではあるが。。。自画像だから自分を美化して描いているのかもしれないけど、こんなに美しく描けるのはそれもまた1つの才能。18世紀は女流画家が進出してきた時期らしく、カペはそのうちの1人で美術アカデミーの会員になることができた人らしい。
前から好きだった『母と子』の絵に続いてまた1つお気に入りが増えました~



【2006/06/18 Sun】 | アート | トラックバック(0) | コメント(10) | ↑PageTop

土曜フォーラム
さっきTV欄見て気がついた~。

今日の 23:30~0:40 NHK教育
土曜フォーラム「チャップリンと日本~知られざる喜劇王の素顔~」http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p/001/31-10741.html

この番組、討論番組なんだけど、今日は面白そうかも。
染五郎が出るようで何を語るんだろう。チャップリンと歌舞伎とのつながりかな~。


~追記~
チャップリンは家で日本人の使用人をたくさん雇っていたらしい。
日本人秘書はチャップリンの奥さん、ポーレット・ゴダードの浪費癖を注意して奥さんから嫌われて解雇されたとか。。。やっぱ女優さんは金遣い荒いのかなぁ。



【2006/06/17 Sat】 | 独り言 | トラックバック(0) | コメント(0) | ↑PageTop

整形外科とマンナンライフ
以前から手首のだるさが気になっていたので今日は整形外科へ。
「病院の通信簿」というページで病院のクチコミ情報が出ていて、評判の良さそうな整形外科に行ってきた。診断は「腱鞘炎の一歩手前でしょう」とのこと。あーあ。。。(~o~)

病院行く前にTVで「マンナンライフの蒟蒻畑」のCMを見た。
またまたバレエを題材にしたCMで、バーレッスンしながら(お馴染みの)お腹つまみ。1人すご~くぽっちゃり体型の人がいてなんかおかしい。こちらで見られま~す!


【2006/06/17 Sat】 | バレエ関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | ↑PageTop

VodafoneのCM
最近流れ出したVodafoneのAQUOSケータイのCM
プロコフィエフの『ロメオとジュリエット』の音楽を使っている。
あれはロメオとジュリエットが初めて出会う舞踏会シーンの音楽
とってもとっても仰々しい音楽。(曲の視聴はこちら
どうしてあの曲使ったんだろ?ってちょっと不思議。
でもなんかウレシイ。やっぱりロメジュリはええのぉ~





【2006/06/15 Thu】 | バレエ関連 | トラックバック(0) | コメント(2) | ↑PageTop

新宿ミルバのセール
新宿ミルバからセールのハガキが届いた。
バレエすっかりご無沙汰の私は買いに行く予定はないのだけど。。。

6/16(金)~20(火) 10:00~19:00
地図→http://www.milba.com/

行ける方は行ってみてください!



【2006/06/14 Wed】 | バレエ関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | ↑PageTop

"Boys"に軍配!
アメリカ演劇界、最高の栄誉である
トニー賞発表~~~

ミュージカル作品賞
『Jersey Boys』

演劇作品賞
『The History Boys』 
演出家のニコラス・ハイトナーは映画『センターステージ』の監督。

ミュージカル・リバイバル作品賞
『The Pajama Game』
おめでと~、ハリー・コニックJr.

演劇リバイバル作品賞
『Awake and Sing!』  

詳細はこちら→http://www.tonyawards.com/en_US/nominees/winners.html

ミュージカル作品賞は『The Drowsy Chaperone』か『Jersey Boys』かと言われていたけど結局『Jersey Boys』が受賞。演劇部門も"Boys"だからどっちがどっちだかこんがらがるわ~。

トニー賞TV放送をお楽しみに♪
 6/25(日) 19:30~21:50  NHK-BS2


【2006/06/12 Mon】 | ミュージカル | トラックバック(0) | コメント(0) | ↑PageTop

シアターガイド 7月号
シアターガイド 2006年 07月号 [雑誌]
「シアターガイド」は今までたまに立ち読みするくらいの雑誌だったんだけど、8月に来日する『ウエスト・サイド・ストーリー』についての記事が載ってるので買ってきた。
国内の舞台についての情報や俳優、演出家へのインタビュー記事、ブロードウェイやウエストエンドの情報なども載っていて400円のわりに充実している。

『ウエスト・サイド・ストーリー』について映画と舞台の比較で面白い内容が書かれている。
『ウエスト・サイド・ストーリー』は舞台版の初演は1957年。映画版の公開は1961年。
ジェローム・ロビンス振付けと言われているけれど、実際全てがロビンスの振付けではなかったらしい。
「America」の歌では共同振付師のピーター・ジェナーロという人が担当し、ロビンスがそれを最終的にまとめたとか。
「America」は映画ではアニタ含む女性陣とベルナルド含む男性陣が一緒に歌い踊るけれど、舞台版では女性陣のみでなんとなく淋しい。ロビンスは舞台版でも男性陣を加えたかったそうだけど、ジェナーロの振付けを変更する時間の余裕がなくて、映画版のほうでその念願を果たしたらしい。これに関しては私もやっぱり女性と男性が掛け合いで一緒に踊る映画版のほうが盛り上がって好き。恐らくそう思ってる人が多いと思う。
ロビンスは『ウエスト・サイド・ストーリー』には思い入れが強く、生前「再演する際には振付けを変えないように」とお達しを出してたそうだから、変えたくても変えられないところなんだろうねぇ。でもいいでしょ?ロビンスさん、ここの部分だけは変えたって。だってあなたもそのほうが好きでしょ?

映画と舞台では歌の順番が違うものがある。大きく違うのは「Cool」と「Gee, Officer krupke」。「Cool」は映画では決闘シーンの後で歌われ、ジェット団のリーダー、リフが死んだショックで仲間がうろたえて暴れようとする時に「冷静になって落ち着けーぃ」という意味を持っている。
でも舞台では決闘に行く前に「頭冷やせ、決闘なんてやめとけ」という意味で歌われる。これに関してはあんまり違和感ないけども、舞台版で違和感たっぷりなのが決闘の後に歌われる「Gee, Officer krupke」。ジェット団のメンバーが「自分がこんなワルになったのは家庭環境のせいだよー」とクラプキ巡査をおちょくりながら歌う超明るいコメディナンバー。もともと舞台ではこの歌は2幕の決闘後の暗い重苦しい雰囲気を和ますために息抜きで作られた歌だとか。でも作詞家のスティーブン・ソンドハイムはその扱いに不満で決闘前にその歌を持っていきたかったらしい。確かにあの明るい歌は決闘の後で歌うのは不自然。これも映画版では決闘前に歌われていてソンドハイムの意向も叶えられたってことか。

来日公演のチケットまだ取ってはいないけど、やっぱり見たいよー♪
50年前の作品だから多少古めかしいところはあるだろうけど、バーンスタインの作った名曲揃いのナンバーは色褪せることはないでしょう。
B000A0K5L4ウエスト・サイド物語
ナタリー・ウッド ジェローム・ロビンス ロバート・ワイズ
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2005-07-07

by G-Tools




【2006/06/10 Sat】 | ミュージカル | トラックバック(0) | コメント(4) | ↑PageTop

ボルヴィックでバーバパパ
06-06-04_16-15.jpg
小知さんのブログで知りました。
ボルヴィックをコンビニで買うとバーバパパのハンドクッションが付いてくるってことで買いに行っちゃった~。
http://www.volvic.co.jp/campaign/barba/index.html
可愛い~~~
6種類あるけど全部揃えられるかな???

バーバパパ、オフィシャルサイトはこちら



【2006/06/04 Sun】 | 独り言 | トラックバック(0) | コメント(9) | ↑PageTop

美容院♪
今日は約半年ぶりに美容院へ。
けっこう伸びてた髪の毛を肩にかかる程度まで切ってもらいパーマをかけてきた。やっぱり私は短いほうがいい感じ。
切ってサッパリ、スタイルは良くなったんだけど、いつも指名してる美容師さんが来月で辞めてしまい、実家に戻ってお店を開くと聞き、ちょっとショックだった。
男性美容師さんなんだけど少しおねえキャラ入ってて(^^)、癒し系の美容師さん。上京してからいろんな美容師さんにかかったけど、今までの中で一番上手な人だった。いつも綺麗な気に入ったスタイルに仕上げてくれてたのですごーく残念
次の担当の美容師さんを紹介してもらったけど今度の人どうかなぁ。
美容師さんて技術の上手さも大事だけど、相性が合うかどうか、そこが一番大事なのよねぇ。



【2006/06/03 Sat】 | 独り言 | トラックバック(0) | コメント(6) | ↑PageTop

今年のトニー賞
今年のトニー賞は誰が司会をやるんだろうと思っていたら、どうやら司会者がいない授賞式になるらしい。
http://www.playbill.com/news/article/99870.html
今年は60回目の授賞式なので60回を記念して特に司会者を置かず、60人のプレゼンターが授賞式を進行していくとか。
予定されてるプレゼンターはジュリア・ロバーツ、グレン・クローズ、バーナデット・ピータース、レイフ・ファインズ、マーティン・ショート、アンナ・パキンなど。他にもきっと歴代の受賞者が出てくるんだろうな~。

今年は『カラーパープル』や『ウェディングシンガー』など映画だった作品をミュージカル化したものがミュージカル作品賞にノミネートされていたり、ハリー・コニックJr.が出演している『パジャマゲーム』がリバイバル・ミュージカル作品賞でノミネートされている。
『カラーパープル』のミュージカルってどんなもんなの?と思ったり。

授賞式は6/11に行われ、日本でのTV放送はNHKのサイトによると
6/25(日) 19:30~21:50 NHK-BS2 

ヒュー・ジャックマンが司会じゃないのはちょっと哀しい・・・
去年の授賞式でいろんなミュージカルの歌を所々つないで歌っていくパフォーマンスがすっごくヨカッタのに。
ミュージカル『オクラホマ』でのヒューの美声が聞けるページを最近見つけた。
http://www.pbs.org/wnet/gperf/shows/oklahoma/multimedia/songs.html#
歌お上手~


【2006/06/01 Thu】 | ミュージカル | トラックバック(0) | コメント(6) | ↑PageTop

| HOME |

Template by 誤爆ねーさん雑記帳.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。