バレエ、フィギュアスケート、アート、日常のことなど blah, blah, blah...          
2017/05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017/07

プロフィール

プリマローズ

Author:プリマローズ
好き:バレエ、フィギュアスケート、ミュージカル、アートetc...
嫌い:OL LIFE


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


QLOOKアクセス解析


★お買い物★


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


ブログ内検索


FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --】 | スポンサー広告 | ↑PageTop

コジョカルちゃんプロジェクト Aプロ/Bプロ
『アリーナ・コジョカル ドリーム・プロジェクト』は昨日で終了。AプロとBプロ両方1回ずつ鑑賞。コジョカルちゃんはもちろん、マックレーくん、ポルーニン、ローレン、マルケスなど出演者全員がとても素晴らしく、今回コジョカルちゃんが敢えて日本ではあまり上演される機会のない作品を持ってきてくれたお陰で大満足のガラ公演だった。失業中につき観るの諦めようかと思ったこともあったけど、観に行って本当に良かったわ~。

Aプロで一番楽しかったのはヨハン・コボー振付けの「レ・リュタン」。ヴァイオリンの超絶技巧に合わせて3人のダンサー(マックレーくん、ポルーニン、コジョカルちゃん)が「自分だってこんなに踊れるよ!」という風にそれぞれのテクニックを見せ付けていく作品。ユーモアがありとっても面白く、それまでちょっと気難しそうな感じだなと思っていたコボーに対する見方が変わる作品だった。

Bプロでは「ザ・レッスン」を一番楽しみにしていたのだけど、期待通りの作品だった。ルーマニア生まれでフランスで活動した劇作家イヨネスコの戯曲を元に、デンマークの振付家フレミング・フリントによって設定をバレエ教師と生徒に代えて作られた1幕のバレエ。コボー演じるバレエ教師が個人教授を受けに来た純真可憐な生徒(コジョカル)にレッスンをしていくうちに次第に狂気に満ちた指導となり、最後には生徒を絞殺してしまうというコワ~~いお話。
コボーの変態教師の演技や、つい20分くらい前まで「椿姫」を踊っていたコジョカルちゃんの可憐な少女への変身ぶりには驚かされると同時にずーっと目が釘付け。
ロンドンでは家族連れが観に来ることが多いマチネ公演からはこの作品は外されたそうで、うーん、たしかにあれは子供が観たらショッキングに感じるかもれない。「バレエ習いに行ったら殺されちゃうの?」って。
イヨネスコの原作も読んでみたいと思ったけど、日本語版は絶版でなかなか手に入らないようで。洋書だったら取り寄せができるようになっているのでちょっと注文してみた(^^ゞ

Bプロの「ドン・キホーテ」ディヴェルティスマンでは3幕のグラン・パ・ド・ドゥを中心に1幕のヴァリエーションなども入れながら4組のキトリとバジルが踊る踊る~の連続次はどのキトリやバジルが出てくるの?とウキウキしながら観れちゃう演目。
ちょっと気が沈む日が続いてたけど、これを観たら元気になれちゃった。

コジョカルちゃん、今回だけでなくこれからもぜひまた日本でガラ公演を実現させてほしいな~♪

0141184299Rhinoceros, The Chairs, The Lesson (Penguin Modern Classics)
Eugene Ionesco
Penguin Classics 2000-08-31

by G-Tools

スポンサーサイト

テーマ:バレエ - ジャンル:学問・文化・芸術

【2012/02/24 Fri】 | バレエ鑑賞 | トラックバック(0) | コメント(0) | ↑PageTop

ボリショイとかいろいろ
おとといのボリショイ『ライモンダ』の余韻残るなか、今日からスケートは四大陸。標高1800Mの高地で大変そうだけど無事に滑り終えることできますようにナムナム。

ボリショイはとっても綺麗でした~~ロシアン・バレエはイギリスともフランスとも、もちろんアメリカとも全然違う美しさ。ダンサーは皆手足が長くスラ~ッとしてて容姿が美しく、踊りも綺麗。
夢の場に入る時、ライモンダが立ったまま柱にもたれて眠るのにはちょっと驚いたけど、その後妖しげな碧色の照明の下で群舞の皆さんが登場する場面は美しいなんて単純な言葉では言い表せないほど。壮麗というかなんというか、完璧なフォーメーションにお口がぽか~ん

2005年にABTの『ライモンダ』を見ようとした時は地震で電車が止まり結局2幕しか見られなかったので何が何だかわけ分からず、今回ようやくライモンダってこういうバレエだったのね~と実感。ストーリー自体はたいしたものではないけれど、民族舞踊がたくさん織り込まれていて踊りの連続は見ていてとても楽しい。
ライモンダの友人役のアンナ・ニクーリナちゃんが可愛らしくて印象に残った。



コレーラ・バレエはバルセロナに拠点を移しバレエ団の名前を"Ballet de Barcelona"に変えることになったそうで。日本名だとバルセロナ・バレエになるのかしら??附属のバレエ学校設立の件もようやく現実に動き出すようで、2013~14年の設立を予定。
http://www.elmundo.es/elmundo/2012/02/06/barcelona/1328532459.html(スペイン語) アンヘルお元気そうだわ~。

2/9~12までバルセロナで『白鳥の湖』を上演し、ABTのサラ・レーンがオデット/オディール役で客演。

アンヘルとサラのリハーサルシーン等↓


さて、来週はコジョカルちゃんガラだ!!

テーマ:バレエ - ジャンル:学問・文化・芸術

【2012/02/10 Fri】 | バレエ鑑賞 | トラックバック(0) | コメント(0) | ↑PageTop

バーミンガム・ロイヤルの鑑賞
昨日はバーミンガム・ロイヤル・バレエを鑑賞。以下、簡単に感想。

『ダフニスとクロエ』
いかにもラヴェルって感じの音楽。ギリシャ神話を題材にしたストーリーなのに衣装は現代風。見る前に詳しくストーリーをつかんでいかなかったので、なんだかよくわから~~んで終わってしまった。。でも嫌いじゃない、この作品。『牧神の午後』に似た幻想的な音楽でジワジワと引きつける。もっとじっくり見てみたいけどDVDなんて出てないよね、きっと。

『真夏の夜の夢』
『真夏の夜の夢』を見るのは数年前の東京バレエ団の公演以来。その時よりも前のほうの席で見られたのでストーリーもよくつかめて楽しかった。都さんは本当に妖精のごとく軽やかでポアントの音をコツコツ響かせない。ロバになったボトムの背中に乗っかるところはとっても可愛らしい♪
ダフニスの60分はちょっと長く感じたのに、真夏の55分はあっという間でとても短く感じた。都さんの踊り、もっと見ていたかったな~。

中止になっても不思議じゃない状況の中、今回来日してくれたバーミンガムの皆さんには感謝。またいつか来てね~~




テーマ:バレエ - ジャンル:学問・文化・芸術

【2011/05/30 Mon】 | バレエ鑑賞 | トラックバック(0) | コメント(0) | ↑PageTop

癒しの『シンデレラ』
今日も揺れている(T_T) 会社は10Fなので揺れが大きくまた帰れなくなるんじゃないかと思った。
もういいかげんにしてほしいわねぇ。。

昨日は朝起きた時なかなか起き上がれなくて、なんとなく出かけるのが億劫に思ったけど、『シンデレラ』見に行ってみてよかった。どんよりしてた気持ちが少し明るくなって癒しの時だった。
都さんのシンデレラは可愛くてキラキラ~~シンデレラの心の優しさが滲み出ている。
アシュトン版を見たことがないので比較はできないけれど、スターダンサーズ・バレエ団のバージョンはなかなか良かった。ネズミの被り物をしたダンサーや仙女や妖精が出てきて踊るファンタジックな場面は大人も子供も楽しめて引き込まれるのではないかと。
ただ、終盤、王子様が馬に乗ってシンデレラを探しに行く場面はちょっと失笑もの。。王子役のヴァレリー・ヒリストフさん、あんなことさせちゃってゴメンナサイ。。

来月はバーミンガムの都さん それまでに地震や原発が少しでも落ち着いてるといいけれど。

テーマ:バレエ - ジャンル:学問・文化・芸術

【2011/04/11 Mon】 | バレエ鑑賞 | トラックバック(0) | コメント(0) | ↑PageTop

チャリティ・ガラ
先週の土曜日はスターダンサーズバレエ団のチャリティ・ガラを鑑賞。
都さん、スティーブン・マックレー、セルゲイ・ポルーニン、小林ひかるさん、フェデリコ・ボネッリなどゲストが豪華でとても良かった。

小林ひかるさんをまともに見るのは初めてで、その前に踊っていたスタダンのダンサーと比べると、やはりロイヤルのソリストという感じで格が違うな~と思った。
『グラン・パ・クラシック』のポアントで数秒バランスを取るところなんて見てるほうがけっこうドキドキするものだけど、小林さんは難なくビシッと決めてた。
ボネッリと踊った『コンチェルト』はボネッリがひたすら小林さんのサポート役に徹していて、踊るところも見たかったけど、ケガ明けだから仕方ないか・・・

『パキータ』は華やかでいいわね~。都さんは出てくるだけで舞台がパッと明るくなる。他のダンサーとは明らかに違って重力を感じさせないふんわりした踊りで、フェッテもダブル?トリプル?入れながら軸もしっかりしているし、まだまだ踊れそうな感じ。
先月に続きまたスティーブンを見られたことはとても嬉しくて(^o^)丿 ロミジュリの高速シェネが凄かったとは聞いてたけど、パキータのシェネもすごい高速!!都さんとの相性も良い感じだし、これからも2人で踊る機会があるといいわね~

テーマ:バレエ - ジャンル:学問・文化・芸術

【2010/08/03 Tue】 | バレエ鑑賞 | トラックバック(0) | コメント(2) | ↑PageTop

| HOME | NEXT

Template by 誤爆ねーさん雑記帳.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。